銘柄鶏「香鶏」かおりどり 世界一美味し鶏を探して

これぞ鶏肉!と納得できる鶏を世界から探し出し、原原種から国内で一元管理しています

看板メニューを探している料理店様に、「地鶏と勝負できる銘柄鶏」とお喜びの声をいただける「香鶏」について書いていきます。

お客様からいただいた嬉しい言葉

香鶏

こんにちは。

蔵王フーズの石井です。

 

今日は、お客様からいただいた嬉しいお声を紹介させていただきます。

 こちらのお客様は、東京駅近くの台湾料理店様です。

 

「なぜウチの料理が香鶏でないといけないのか、石井さんに説明するから」と、

目の前に、2種類の鶏の蒸し鶏を出されました。

 

勧められるままに、食べ比べてみました。

1種類は食べる前にすぐにわかりました。

なじみの香りと味。弊社の「香鶏」です。

 

両方を食べ終わると、店主様からこんな言葉をいただきました。

「香鶏は黄色みがかっているでしょう。鶏の色で一目で違いがわかるんです。

高級レストランで出てくる鶏の色はこの色です。

ブロイラーは白い。通のお客様は真っ白はダメです。

 

それから、皮と肉の間のゼラチン質の味がちょうどいい。

また、脂に特徴があってうまみを引き立たせている。

肉の食感は、かたすぎずやわらかすぎず、ほどよい弾力がある。

 

ブロイラーはとり臭くて、ぬるぬるしているし、輸入はパサパサです。

だからウチでは香鶏でなくてはダメなんです」

 

私では、これほど適格に香鶏の味覚を言語化することはできませんでした。

料理人の方の味覚と美味しさに対する感性に、ただただ脱帽しました。

 

【編集後記】

香鶏は中国から台湾に渡った鶏なので、きっと台湾料理に合うのだ。。と一般人代表の味覚を持つ僕の考察でした。