読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銘柄鶏「香鶏」かおりどり 世界一美味し鶏を探して

これぞ鶏肉!と納得できる鶏を世界から探し出し、原原種から国内で一元管理しています

看板メニューを探している料理店様に、「地鶏と勝負できる銘柄鶏」とお喜びの声をいただける「香鶏」について書いていきます。

美味しさを数値で分析「香鶏」

香鶏

こんにちは。

蔵王フーズ  石井です。

今日は、香鶏の味の特徴でもある適度な弾力について書いていきます。

 

下の画像は、「香鶏」と他の食用鶏の筋繊維の断面図を比較したものです。

一見しておわかりいただけるとおり、香鶏は筋繊維が非常に細かく、細胞の形も整然としています。

 

一方、他の食用鶏は細胞と細胞の空間に脂肪が凝縮していますが、香鶏にはこれが見られません。香鶏は、脂肪分が少ない鶏であるということです。

 

また肉の硬度(歯が肉に侵入する容易さ)、弾力性(連続咀嚼による弾力の低下)、凝集力(連続咀嚼による肉の復元力)についても、同様に優位性が見てとれます。 

香鶏と他の食用鶏との数値の比較

 

香鶏はこのような肉質を持ちますので、焼き鳥、蒸し鶏、鳥すき鍋、水炊き鍋などの料理で、特性が十二分に活かされると思っています。

 

24日(木)は、東京でも雪の予報が出ています。
私は、香鶏で今年初のとり鍋にしようかと思っています。
雪が積もるのは困りものですが、とり鍋は今から楽しみです。